fb

 

東京印公演vol.20
『蒼い薔薇のシグナル 2021』
作・演出 長戸勝彦 @中野 ザ・ポケット
日程:2021年3月3日(水)~3月7日(日)

緊急事態宣言に伴い、政府や自治体等の発表を踏まえて、公演実施の内容を見直すことにいたしました。お客様にはご不便をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
◆ チケット発売日の変更 【1月24日(日)】→【1月31日(日)10時~】

◆ 20時までに終演する為、平日の開演時間を変更

    【日程・開演時間】
     3月3日(水)  13時(B)/18時(A)   
     3月4日(木)  13時(B)/18時(A)
     3月5日(金)  13時(B)/18時(B)
     3月6日(土)  13時(B)/18時(A)
     3月7日(日)  12時(A)/16時(B)

なお、今後の政府や自治体等の方針変更があった場合は、公演実施の内容を急遽変更する場合がございますので、公式ホームページ等にて必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。


チケット一般発売(当日劇場にて精算)
<2021年1月31日(日)10時00分>開始

> 各役者の予約フォームからお申し込みください <



**** お客様へ***

当日は新型コロナウイルス感染予防対策のご協力をお願いします。
詳しくはこちらのページご覧ください。


【公演に関してのお願い】
※出演者にお花、プレゼント、差し入れ等は感染症対策として、申し訳ございませんが全てご辞退申し上げます。
※役者の出待ち、入り待ちはお控え願います。
※役者面会は混雑が予想される事から中止いたします。
※出演者変更の場合でも、公演中止以外の払い戻しはお受けできません。
※客席内でのカメラ・携帯電話等による写真撮影・映像撮影・音声の録音等は固くお断り申し上げます。
※上演中は演出効果の妨げとなりますので、強い光や継続して発光するサイリューム等のご利用、携帯電話・アラーム等
 音の出る機器等の電源はお切りください。
※客席でのご飲食はご遠慮ください。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。



【出演】

三浦浩一

久下恭平 軽辺るか

斉藤レイ 橘ゆかり 久米田彩 新宮乙矢 大見洋太 西川岬希 城夢叶

磯部弘(A) 萩原好峰(B)
Wキャスト


安芸武司 小野剛民 霧生多歓子 北村易子

渡邊ゆかり(チェロ奏者)


- STORY -

母に愛されたい息子。
息子に慕われたい父。
夫に愛されたい妻。
そして見知らぬ老夫婦が、
自らの命を絶とうとしている。
「ひとりが平気なんて人間いるはずがないもの」

父親と母親、娘二人と婚約者。
幸せな家族の裏にある、
決して知られてはならないもう一つの顔。
「ごめんね、期待どおりに育たなくて」

約束の果てにある終焉の時、
男が差し出す光と影。
「大丈夫だよ、皆、人に言えない自分を持ってるから」

人間は過去の罪を償うことができますか?
蒼い薔薇のシグナル……
人は燃え尽きるから面白い。



-TIME TABLE-
2021年 開演時間
3月3日(水) - 18時(A)
3月4日(木) 13時(B) 18時(A)
3月5日(金) - 18時(B)
3月6日(土) 13時(B) 18時(A)
3月7日(日) 12時(A) 16時(B)
※受付は開演時間1時間前  ※開場は開演時間45分前
※客席の都合上、開演の10分前までにご来場いただけない場合、
 指定のお席へのご案内が難しい場合がございます。予め、ご了承ください。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。


-TICKET-

   全席指定/税込/前売・当日共
   ○一般:6,500円
   ○高校生以下:4,000円(当日身分証提示 )




東京印は、1998年・長戸勝彦を中心に設立された「演劇ユニット」です。
初めて芝居に触れた人が、また劇場に足を運びたくなる・・
そんな作品をお届けしたいと思っています。

©2013 TOKYO JIRUSHI